WORKS

金融システム

メガバンク様向け市場リスク管理システムの更改・統合

リスク管理

課題・背景

複数システムに跨った煩雑な業務フロー

システム群の煩雑化により機能拡張が困難

施策・効果

1つのシステムで完結する簡素な業務フローの実現

改修・機能拡張が容易なシステムの提供

金融機関の市場リスク管理業務

金融機関が管理を義務付けられているリスクのうち、「市場リスク」についての管理を行うシステムの更改・統合案件です。その中で、弊社は以下の3機能を担当いたしました。

・金融機関が保有する全取引データの収集と履歴保持
・全取引のポジション計算
・部署・金融商品別の損益計算

更改前の市場管理システムは、複数システムの寄せ集めであり、システムごとの制約の違いからユーザー要望の反映が容易ではなく、最低限のリスク管理作業しか行うことしかできておりませんでした。そこで、これまでに培ってきた金融知識と大規模分散処理システム構築の知見を活かし、システムの統合と機能追加の両方を同時に実現することで、複数のシステムにまたがった市場リスク管理業務を統合し、将来のリスクを自由にシミュレーションしたいというユーザー要望を実現しました。

また、すべての金融商品群にグリッド分散処理を適用し、さらに、ソースコード自動生成ツール等を組み合わせて、保守性・拡張性に優れたグリッド分散処理フレームワークを構築することで、膨大かつ多種多様なデータを同時に高速処理する処理体系をこれまでよりも短工期で構築することができました。現在でも、データ構造変更や新規金融商品追加などの追加開発・保守対応を短工期で実現するためには、このフレームワークが活用されています。

CONTACT

お問い合わせ

ソリューションや当社に対するご意見、
ご要望など下記よりお問い合わせください。